ダイエット中に絶対に買っちゃいけないコンビニの食べ物トップ5

1

ダイエット中でお腹がすいてふらっとコンビニで軽食を買ったりすることはありませんか?
がっつり食べてるわけじゃないし大丈夫!と言い聞かせたり…。
でも、実はダイエット中に一番行ってはいけない場所はコンビニなのだとか。
どこにでもあって手軽に行けるコンビニには、ダイエットにマイナスな食べ物がたくさん潜んでいるのです。

今回は、ダイエット中に手をのばしてはいけないコンビニフードをランキング形式で紹介します。

5位 ボリューム系弁当

2

これは危険と認識されている方のほうが多いでしょう。
見るからに太りそうなニオイのする焼肉弁当、ソースカツ弁当などは、一食だけで1,000kcalを超えるものばかりです。
「今日はこの一食だけにするから大丈夫…」と手をのばしてはいませんか?
これに飲み物も加えると、ダイエットに適した一日の摂取カロリーを超えてしまうこともあるのです。
ダイエット中は、和風うどんやパスタサラダにしましょう。

4位 カップ焼きそば

3

カップラーメンのほうが高カロリーと思われがちですが、約300kcal〜400kcalのものが多いカップラーメンに対して、カップ焼きそばは500kcalを超えるものが多いです。
スープがない分、満腹感を感じにくい点も危険。
夜になるとまたお腹がすいて、他の食べ物を食べてしまう要因となります。
気をつけて!

3位 揚げ物系・クリーム系スイーツ

4

油分・糖分が多い大学芋やドーナツ、シュークリームやロールケーキなどの揚げ物系・クリーム系のスイーツ。
最近はレジの前にドーナツが置いてあるコンビにも増えましたね。
お手頃のものが多く割引されていることも多いため、他のものを買うついでについつい買ってしまったり…
でもそこは我慢!低脂肪ヨーグルトやフルーツゼリー、干し梅など低カロリーで美容にも良いもので代用しましょう。

2位 ホットスナック

5

お会計のときに必ず視界に入ってくるホットスナックのボックス。
寒い冬などは肉まんやコロッケを食べたくなりますが、これらはお腹が満たされないわりに300kcalを超えるものばかり。
寒いときは春雨やスープ、おでんなどで温まりましょう。

1位 菓子パン

6

たっぷりの砂糖やチョコレートでコーティングされており、さらにお腹に溜まりにくいという菓子パンはダイエッターの最大の敵。
特にみんな大好きメロンパンは、その可愛らしいビジュアルから400〜500kcalを余裕で超える、たちの悪い食品。
ダイエット中は菓子パンは避け、お腹に溜まってカロリーも低いおにぎりをチョイスしましょう。

7

ダイエット中はできるだけコンビニには通わず自炊で済ませるのが一番ですが、忙しくてなかなかできない人も多いはず。
ただ欲のままに食べたいものを選ばず、この記事を参考にして効率よくダイエットするようにしましょうね。