音楽プロデューサーも激推し!スリーピースバンド【SHISHAMO】の魅力

よくテレビで見かける『docomo』のCMシリーズ!

CMで聴いたきり、つい口ずさみたくなる曲ですよね!
実際にバンド演奏をして歌っているのは・・・?

 

【SHISHAMO(ししゃも)】

 


<メンバー>Ba 松岡彩 Gt.Vo 宮崎朝子 Dr 吉川美冴貴(左から)
高校の同級生で、当時活動していた軽音部メンバーで結成されたバンドです。
その後、現役女子高校生ながらバンドコンテストで入賞!
初音源リリースでは、インディーズチャートでなんと7位を獲得。

高校卒業後に本格的にバンド活動を始め、スペースシャワー主催の「スペシャ列伝ツアー」に抜擢されたりと、怒濤の勢いで音楽シーンに突入してきたスリーピースバンドです!

その後、日本武道館や大阪城ホールなど、キャパシティの大きい会場でもソールドアウトの大盛況!


自身最長の全国ツアーもつい先日終えたばかり。

音楽プロデューサー・いしわたり淳治さんも、2017年上半期ベスト曲ランキングで堂々の1位にSHISHAMOを抜擢!
気になる楽曲は後ほどご紹介します♪

 

■その魅力とは?

<歌詞>


すぐに口ずさめて、前向きになれる歌詞が魅力のひとつ。
自分の生活に当てはまるような、身近に感じる言葉だからこそ、強く響いてくるものもあるようですね♪

<個性が光るメンバー>

3人ぞれぞれの個性がきらきらと光っているのも魅力のひとつです♪

(画像出典 SHISHAMO公式ツイッターより)

ボーカルギターの宮崎朝子さんは、CDジャケット等のイラストを描き下ろし!


8月2日にリリースする新曲のジャケットはもちろん、これまでのCD・DVDジャケットや、ライブ公演会場に登場する垂れ幕デザインも手掛けています!
ちなみに、楽曲の作詞・作曲を担当しているのも宮崎さんです。

koukiさん(@kouki_0069)がシェアした投稿

@shishamo_3pieceがシェアした投稿

(画像出典 SHISHAMO公式ツイッターより)

 

「大阪娘のやかまし娘」ことベースの松岡彩さんは、SHISHAMOとして活動するまでは、音楽専門学校に通いながらライブスタッフとして働いていました!

とある夏フェスでスタッフとして搬入作業をしていたところ、前ベースメンバーが脱退するということでメンバーを探していた宮崎さんに声をかけられたのが始まり。
翌日にベース演奏を聴いてもらい、即加入決定!
最初は悩んでいた部分もあったようですが、加入を決めてからは即専門学校をやめ、バンド活動に専念したようです。

可愛らしい容姿からは想像できない決断力ですね!
大阪出身ということもあり、落ち着きがないと言われるほどお茶目な一面も。眉上の短め前髪もトレードマーク♪

(画像出典 SHISHAMO公式ツイッターより)

ドラムの吉川美冴貴さんは、ファンの間では“エゴサーチの鬼”と呼ばれているとか!(笑)
ショートヘアで力強くドラムを叩く姿がかっこいい!との声も多数。

メンバー内で唯一大学へ進学した一人で(その後バンド活動に専念するため中退)、学生時代は成績優秀な優等生だったらしいです。

“あとひとつ。宮崎朝子、吉川美冴貴、松岡彩の3人のバランス、とてもいいんだなあ、ということも、改めて感じた。
この3人ならではのおもしろいトライアングルを描けていることが、特にライヴだとよくわかる。” (エンタメ特化型情報メディア SPICE「SHISHAMO、初めてのホールツアーで見せた、演奏力・コミュケーション力・歌力の深さと強さ」より)

3人だからこそ表現できる個性!
信頼関係の強さと仲の良さが伝わります。

<レベルの高いライブ演奏>

可愛らしい容姿や歌詞に負けず、高いレベルのライブ演奏力!

” お客さんの歓声の具合からすると、高校生と大学生がもっとも多いように感じたが、それ以外も広く来ている。
それから、ここまでファンが男か女どっちかに偏っていない、両方とも来ているという例、若いバンドではめずらしいと思う。”(エンタメ特化型情報メディア SPICE「SHISHAMO、初めてのホールツアーで見せた、演奏力・コミュケーション力・歌力の深さと強さ」より)

幅広いファン層からの支持を得ているのも、ポップな曲から落ち着いたバラードまで多岐にわたる楽曲と高いライブパフォーマンスの賜物!
「楽しい」だけに止まらず、平均年齢21歳で魅せる圧巻の演奏は、ぜひ生で観てみたいですね!

 

■おすすめ楽曲

ここで、音楽プロデューサー・いしわたり淳治さんが2017年上半期ベスト曲1位に選んだ楽曲をご紹介します!

『魔法のように』

2017年2月22日リリースのアルバム「SHISHAMO 4」収録
『タウンワーク「雪国」篇』CMソングとしても流れていました。

MVでは、女の子の内面を描いた歌詞の内容を10代から20代の総勢10名の若手女優たちが体現しています。

いしわたりさんは、”誰かの暮らしの中で機能している名曲。とにかく歌詞が良い!”と絶賛。

コスメやヘアケアのCMを模したシーンも登場することから、「頑張る女の子への応援ソング」のようにも感じますね♪

”「そう思えますように」という最後の一言が、顔文字のような役割を果たしている気がします。”との言葉からも、歌詞の魅力が伝わってきます!

 

■今後の予定をチェック!

 


7月には大阪と東京で野外ワンマンライブが開催予定!

もちろん夏フェスも多数出演予定!
秋からはライブハウスでのツアーも決定しており、この機会にぜひSHISHAMOのライブに足を運んでみては♪
詳細は公式サイトまたは公式ツイッターアカウントでチェック!

SHISHAMO公式サイト>>>http://shishamo.biz/