『リバース・エッジ』映画化に注目の若手俳優【吉沢亮】が抜擢!

1993年から1994年にかけて雑誌「CUTiE」で連載された岡崎京子氏の漫画『リバース・エッジ』の映画化が決定!

二階堂ふみが主演を務め、その相手役を注目の若手俳優【吉沢亮】が演じます!
監督は、『世界の中心で、愛をさけぶ』『ピンクとグレー』を手掛けた行定勲。

端正で美しい顔立ちの吉沢亮。
最近メディアで目にする機会も多いのでは?!

 

■吉沢亮 (アミューズ所属)

 

(出典 モデルプレス)

生年月日:1994年02月01日
出身地:東京都
身長:171cm
趣味:ギター練習
特技:剣道

2009年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で、総応募者数31514名の中からRight-on賞を受賞!
現在23歳の注目若手俳優です。

その後、続々とテレビドラマや映画に出演!
日本テレビ『地獄先生ぬ~べ~(2014年)』や、フジテレビ『水球ヤンキース(2014年)』『オトナ女子(2015年)』へのレギュラー出演や、
映画『アオハライド』『オオカミ少女と黒王子』に出演したりなど、話題の作品に多数出演!

 

■目元が魅力的

人気の秘密は、その美しい顔立ち!


人気漫画を実写化する『トモダチゲーム』のドラマ・映画(全3部作)では主演を務めます♪

切れ長の目とすっきりした横顔はまさに正統派イケメン!

目元が魅力的な著名人に贈られる「アイ・オブ・ザ・イヤー2017」では俳優部門を受賞しました。


「トモダチゲームの冒頭とかは目元の寄りから始まったり、目元のパワーってあるんだなと思いますね。僕、下のまつ毛がすごい量が多くて、泣く芝居の時に溜まっちゃって大変なときがあります(笑)」とコメント!
自他ともに認める美しい目元なんですね。

共演者からも数々の異名を与えられているのだとか。


初主演映画『サマーソング(2016年)』で」共演した浅香航大は、完成披露試写会で「現場に亮が座っているだけで、銅像が座っているような」とコメントするほど!

 

■神対応な一面も

 
オフィシャルカレンダーの発売を記念して開催された「お渡し会」では、
短い時間での対応でも優しすぎる!かっこよすぎる!といった反響が、ファンの間であがっているようです。

 

(出典 モデルプレス)
 
普段のクールな顔立ちとは、また違う一面を見せてくれます。


こちらは、スタッフさん曰く「めずらしい!」という満面の笑み。
可愛らしい雰囲気も持っているギャップも魅力のひとつ!

 

■2017年の出演予定は・・・?

 


今年5月には『LAST COP THE MOVIE』も公開予定♪


『銀魂』では原作の人気キャラクター・沖田総悟を演じます。
金髪も似合い、個性的な衣装も着こなしてしまうほどのイケメンさが伺えますね・・・!

冒頭でご紹介した『リバース・エッジ』は来年2018年公開予定と少し先ですが、
行定監督も撮影にあたり「最もキィとなる山田一郎(吉沢亮が演じる役名)として独自の憂いのある雰囲気で存在してくれています。」と期待の声も!

2017年の活躍も見逃せません!