女子から見てもかわいい!!吉岡里帆の爆発的人気の秘密

朝ドラ『あさが来た』で話題を呼び、一躍脚光を浴びるようになった女優【吉岡里帆】さん。
火曜ドラマ『カルテット』や、『ゼクシィ』『ZOZOTOWN』の”ツケ払い”のCMなどで見せる彼女の魅力は留まることを知りません!

 

★プロフィール

【吉岡 里帆】
生年月日:1993年1月15日(24歳)
出生地:京都府京都市右京区
身長:158 cm
血液型:B型
事務所:エーチームグループ
趣味:猫と遊ぶこと
特技:書道、アルトサックス

 

★『あさが来た』『カルテット』で一躍有名に!

 

吉岡里帆さんの名前が世間に知れ渡るようになったのは、連続テレビ小説『あさが来た』の出演がきっかけ。

 

波瑠さん演じる「あさ」の娘の友人役である「田村宜(のぶ)」を演じました。
丸メガネをかけ、自分のことを「僕」と呼ぶ一風変わったキャラクターですが、男性視聴者からは「メガネ系ボクっ娘」として人気でした。

そして2017年に放送された『カルテット』では、”リアル魔性の女”である「来杉有朱」役を演じています。
「常に笑顔を絶やさないけど目が笑ってない女性」と話題となりました。

 

★性格は天然&ノリが良い!

 


どうやら調べていると、吉岡さんはあの有名な朝ドラ『あまちゃん』のオーディションの選考に参加していたのだとか。
そこで驚きを表す方言『じぇじぇじぇ』のセリフが課題で出されると、全部『じぇ』で喋るのだと勘違いしてしまった吉岡さんは、
なんとその後すべての質問に『じぇじぇ』で受け答えてしまったのだそう。
少し天然なところがあるようです(笑)


また、京都出身の彼女は関西人特有のノリの良さも。
大阪で行われたトークでは、吉田羊さんに「8番目に特異なモノマネをやって」とむちゃぶりをされ、アントニオ猪木さんのモノマネを全力で披露。
本人は「笑ってもらうのが好き」とコメントし、関西人ならではの価値観ものぞかせていました。

 

★ゼクシィ、ZOZOTOWNのCMが可愛すぎる!

 

2016年には「美少女タレントの登竜門」とも呼ばれる”第9代目ゼクシィガール”にも抜擢。
オーディションの合格を知ったときには、涙を流して喜んだそう。
 

 
自身の結婚観については、
「今はお仕事を頑張らなきゃいけない時期なので30歳を過ぎてからかな?温かく
て、ユーモアがあり一緒に笑える人が理想」
とコメントしています。

そして2017年3月17日からスタートした『ZOZOTOWN』の”ツケ払い”CMでは、
「ゾゾのCMの人が可愛すぎ!」とネットで書き込みが殺到!
 


雨に濡れながら「好きだもん、好きなんだもん!」と告白する吉岡さんの姿にネット上では


などのコメントが殺到しています。

 

★抜群のスタイル

 

女優として活動をひろげるまでは多数のグラビアに出演してきた吉岡さんは、その清純で透明感のある素顔からは想像できないほどナイスバディ。
2014年に週刊プレイボーイでグラビアデビューをしています。
スリーサイズはなんとバスト82、ウエスト60、ヒップ85!
 

 
童顔な顔とナイスバディというそのギャップが、人気の1つの理由なのでしょう!
 


その美貌と抜群のスタイルだけでなく、確かな演技力も兼ね備えている吉岡里帆さん。
ドラマやCM女王として君臨する日も遠くなさそうですね!