週刊少年ジャンプ【斉木楠雄のΨ難】が山崎賢人主演で映画化!

週刊少年ジャンプで大人気連載中の、『斉木楠雄のΨ難』さいきくすおのさいなん)が、実写映画化することが決定!

原作は2012年から大好評連載中で、2016年7月からはテレビアニメ化するなど、その人気は絶えず注目されてきました。
映画化にあたり主演は山崎賢人、監督は『銀魂』『勇者ヨシヒコ』などで有名な福田雄一が担当します。
今回は、注目の『斉木楠雄のΨ難』の最新情報をお届け!

 

★あらすじ

 

16歳の高校生である主人公・斉木楠雄は生まれながらに超能力を持ちながらも、面倒なことを避けるため、自分の能力は隠し普通の高校生活を送っていました。

しかし彼の周りに集まるのは、なぜか個性的なトラブルメーカーばかり…
そんな彼の友達が引き起こすトラブルを、斉木が超能力で解決していくというストーリーです。
原作は累計発行部数400万部を突破し、大好評連載中!

 

★主演は山崎賢人

主人公・斉木楠雄を演じるのは、今ドラマや映画にひっぱりだこの山崎賢人。
斉木楠雄はピンクの頭髪と頭部に取り付けられた2本のアンテナ状の制御装置が特徴で、様々な超能力を保持します。

超人的な身体能力と強靭な肉体、高校生のテストであればカンニングせずとも9教科100点をとれるという知性をもっているよう…。
すべての能力を駆使すれば3日で人類を滅亡へ追いやることができるなど、かなりのチートキャラですね(笑)
生後わずか14日で両親の脳内に話しかけ、1ヶ月で空中を歩くようになるのですからすごいですよね。

 

★監督は『銀魂』の福田雄一

原作者・麻生周一からの熱いラブコールで、監督は『銀魂』や『勇者ヨシヒコ』シリーズ、映画『HK/変態仮面』などを手がけた福田雄一が務めることに。
“とにかく本気でふざけること”を突き詰めた学園エンターテイメントを実現させました。

 

★橋本環奈、新井浩文、ムロツヨシなども出演

 

また、斉木が気になって仕方がないPK学園のアイドルで天下無敵の美少女・照橋心美(てるはしここみ)は橋本環奈が演じます。


さらに、自称斉木の”相棒”であり、高校生離れした外見ですがバカすぎでテレパシーでも考えがよめない燃堂力(ねんどうりき)を新井浩文が演じます。

他にも、海籐瞬(かいとうしゅん)役を吉沢亮、蝶野雨緑(ちょうのうりょく)役をムロツヨシが務めるなど、豪華出演陣!

原作者の麻生周一さんも、「ピンク、青髪、ケツアゴなど漫画を忠実に再現しているのに違和感がない!僕の不安は晴れました!」と大絶賛。
唯一の心配は、見た目をどこまで現実に寄せれるかだったそうです。

 

★劇場で大笑い?

主演の山崎賢人も、「笑いを堪えるのが地獄で、表情筋がバグりそうになった」とコメントするほど、とにかく笑いを誘うギャグ映画に仕上がっているそう。

 

こちらはとある撮影シーンですが、すごい表情ですね…
公開が楽しみです!

 

映画『斉木楠雄のΨ難』は、今年10月公開予定!

【作品情報】
映画『斉木楠雄のΨ難』
公開日:2017年10月21日(土)
出演:山﨑賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗
脚本・監督:福田雄一
原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
© 麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会