着物でいつもと違うお花見はいかが?小江戸・川越で日本の春を感じる旅。

3月に入り、気温もだんだんと暖かくなってきました。
それと同時に、お花見の季節もやってきますね!

待ちに待った日本の春!桜!
年に一度のこの季節は、日本人なら一回はお花見に出かけたいですよね♪

場所取りをして大勢で食べたり飲んだり!
でも今年はちょっと別♪ 散策しながら桜を満喫しませんか?

東京からもアクセス抜群の、小江戸感を味わえる埼玉県・川越へ!

 

■川越

 


西武新宿線急行で西武新宿駅から約1時間という便利さ。池袋からなら東武東上線で約30分!
意外と近いって、ご存じでしたか?

江戸時代に商業の街として栄え、多くの有力大名たちも集まった場所。
神社仏閣や、重厚な蔵造りの街並みはそんな歴史を感じさせ、江戸情緒を楽しむことできます!

そんな川越を巡るなら、「小江戸巡回バス(イーグルバス)」が便利。

tsukasaさん(@_tsuka_12)がシェアした投稿


レトロ感漂うバスも可愛い!1日フリー乗車券が500円で利用できちゃいます★

また、毎年3月下旬から5月のゴールデンウイークにかけて、川越市で「小江戸川越春まつり」が開催されます!
今年の日程はまだ出ていませんが、例年通り行くと第4週目の土曜日あたりから開催のようです。

 

■着物レンタル

いつもと同じ私服じゃつまらない!
せっかくなら、着物を着てさらに小江戸感を楽しんじゃいましょう♪

<美々庵>

一式着物レンタルが手軽に出来ちゃうお店です。
手ぶらで行ってOK!着替えや大荷物も預かってくれる!
もちろん着付けもすべてやってくれるので、とにかく行くだけでOK!

しかも、一日レンタル料金(午前10時~午後5時までの間)が女性は2,160円とお手頃価格なのが嬉しいです♪

Yun Linさん(@yunnnlin)がシェアした投稿

@hannana.7がシェアした投稿

junさん(@junmaru1030)がシェアした投稿

数百点の中から着物・帯・小物まで、お好みのものを選べるのも楽しそう!

近くにバス停留所もありますが、西武新宿線「本川越駅」から歩いても20分程度。
お天気が良ければ散策しながらもいいですね。

川越市では、毎月18日を「川越きものの日」と定めています。
100軒を越える協賛店では、着物で訪れた人に様々な特典が用意されているんです♪

自分で着物を選んだら、早速桜を見に行きましょう♪

 

■中院

天台宗の寺院で、およそ1200年の長い歴史を持つと伝えられます!

 

(出典 カワゴエールより)

 
境内には数種類の桜が、3月から順々に開花していきます。

一番の見所は、本堂前の枝垂れ桜。

nahoさん(@nanatakum)がシェアした投稿

@zumy__がシェアした投稿


なんとこちらは樹齢100年以上!大きな枝垂れ桜は見応え十分です。

アクセス:西武新宿線『本川越』駅より徒歩12分

また、中院のすぐ近くにある「喜多院」の桜もイチオシ。

 

(出典 カワゴエールより)

 

ソメイヨシノがおよそ100本あり、広々とした境内に咲き誇るのが待ち遠しい!
喜多院はイーグルバスの停留所でもあるので、アクセスも便利です。

 

■新河岸川の桜並木

川越氷川神社の裏に流れる新河岸川。
川沿いに出ると、500本もの桜並木が迎えてくれます♪

(出典 カワゴエールより)

 

毎年4月上旬の週末に「新河岸川桜まつり」が開催され、期間中は多くの露店が並んだり、イベントも行われるとか!

 

(出典 カワゴエールより)

 

 

実際に舟に乗って桜を楽しむこともできるんです!
着物を着て舟に乗って桜を眺めるなんて、なんとも優雅なお花見になりそうです♪
もちろん、蔵造りの建造物が並ぶ一番街での食べ歩きも欠かせませんね!

 

■江戸や

 

😇さん(@chiiiii01072)がシェアした投稿


明治時代から続くとされている「菓子屋横丁」の一角にあるお店です。
こちらでは見た目がなんとも可愛らしすぎる!飴の量り売りをしています。

r e i k oさん(@__05cam)がシェアした投稿


ピンクや白などパステルカラー満載で、お菓子からも春を感じられますね♪

 

■江川越ベーカリー 楽楽

 


国産小麦と天然酵母を使用し、手作り無添加のパン屋さん。


種類豊富でリーズナブルなパンがある店内は、良い香りが漂っていろいろ食べたくなっちゃう!
季節の食材を使った期間限定パンもあるようなので、ぜひ店員さんに聞いてみてくださいね!
 
いかがでしたか?
着物を着て散策するだけでも、いつもとは違った楽しみ方ができますね!
これから暖かくなる季節にぴったりの川越散策。
ぜひ遊びに行ってみてください◎