『午後の紅茶』のCMで素晴らしい歌唱力を披露したあの少女は、『君の名は。』上白石萌音の妹だった!

上白石萌音(かみしらいしもね)さんをご存知ですか?
映画『君の名は。』のヒロイン「宮水 三葉(みやみず みつは)」の声を担当したほか、主題歌「なんでもないや(movie ver.)」を歌ったことでも注目を集めましたよね。

 

このあとMBS「ちちんぷいぷい」に生出演します!みてねーー!

上白石 萌音さん(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿 –


萌音さんは映画『ちはやふる』や『溺れるナイフ』などにも出演し、女優としても活躍し始めている注目の女優さんです。

『君の名は。』でも知られているとおり歌手デビューを果たした彼女の歌唱力は素晴らしいものですが、「彼女の妹もかなり歌が上手い!」と注目を浴びているのです。

その名も「上白石萌歌(かみしらいしもか)」さん。
キリン午後の紅茶のCMで見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

<キリン午後の紅茶CM 「あいたいって、あたためたいだ。」篇>

人気のない駅のホームで女子高生がCharaの「やさしい気持ち」をヘッドフォンを付けながら心地よさそうに歌っていると、同級生の男の子に「声でかすぎ」と笑われてしまうほっこりするCM。
実はこのCM、2016年4月に発生した熊本地震の影響で現在も本来の半分以下の路線で運行を行っている「南阿蘇鉄道株式会社」の全面協力のもと撮影されたものでした。

こちらの制服姿の女子高生が上白石萌歌さん。
姉・萌音さんに引けを取らない透き通った歌声は本当に素敵です。

 

★プロフィール

(出典) http://jo-ho.biz/
名前:上白石 萌歌(かみしらいし もか)
生年月日:2000年2月28日(17歳)
出生地:鹿児島県鹿児島市
身長:161cm
職業:女優
趣味:歌うこと、踊ること、詩を書くこと、サイクリング
事務所:東宝芸能

 

芸能界入りのきっかけは、2011年第7回「東宝シンデレラオーディション」で、当時史上最年少の10歳で44,120人の中からグランプリに選ばれたことなのだそう。
こちらのオーディションで姉の萌音さんも審査員特別賞を獲得しています。
4,4120人ってなかなかすごいですよね…。当時小学5年生だったことにさらに驚きです。

 

2012年にドラマ「分身」で女優デビューし、ティーン誌「ピチレモン」専属モデルを務めるなど幅広く活動しています。

2016年にはミュージカル「赤毛のアン」で主役のアン・シャーリーを熱演(前年は萌音さん)。

 

 


 

ミュージカルの主役を務めるほどですから、やはり歌声は本物です!

上白石萌歌さんは2015年6月に『ス・マ・イ・ル』でCDデビューも果たしていますが、この時「たくさんの人の前で歌いたい。紅白歌合戦にも出たい!」と話していたそう。
姉妹で紅白出場も夢ではないかもしれませんね。

 

★今後の活躍は?

萌歌さんの今後出演予定の作品をチェック★
 
・映画『ハルチカ』(2017年3月4日公開)

佐藤勝利さんや橋本環奈さんが主役の映画で、萌歌さんは吹奏楽にトラウマを抱える女の子を演じています。

・ミュージカル「魔女の宅急便」


児童文学作家・角野栄子氏原作のミュージカル『魔女の宅急便』で、萌歌さんは主人公のキキ役を演じます。
■公演スケジュール
東京:6月1日~4日 6回公演予定 新国立劇場・中劇場
大阪:8月31日~9月3日 7回公演予定 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

姉とともに着実に活躍の場を広げている萌歌さん。
今後の活躍も期待です!