冬を100%楽しみたいなら草津へ!温泉街を堪能するちょっと大人な街歩きプラン

群馬県にある草津は、食べ歩きのほか「湯畑」や「湯もみ」などの温泉街として有名な観光スポット。
湯畑は映画「テルマエ・ロマエ2」の舞台にもなりましたね。
寒いけれどとてもきれいな景色を楽しむことができる冬の草津。
でもそんな草津だからこそ楽しめる!冬の草津を観に行きませんか?

 

★まずは湯畑をぐるっと一周!

(出典)https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

まずは草津の代表的スポット「湯畑」へGO!
温泉街の中心に位置している湯畑は毎分4000リットルの温泉が湧き出ており、湯けむりがまわり全体を包んでいます。
近辺には足湯やお土産屋さんも充実!
さて、反時計回りに一周してみましょう。

 

・湯畑ポイント① 将軍御汲上の湯枠

 

とーふさん(@toofu102)がシェアした投稿


湯畑の源泉の中に四角に組まれた木の枠が沈んでいます。
八代将軍吉宗や十代将軍家治が、この湯枠の湯を樽詰めにして江戸城へ運ばせていたのだそう。

 

・湯畑ポイント② 湯けむり亭

 

湯畑脇にある湯けむり亭では、24時間無料で気軽に足湯を楽しむことができます。
建物は江戸時代にこの場所にあった共同浴場「松乃湯」を再現しているのだとか。
草津のお湯は高温で強酸性であるため、数分浸かるだけで温浴効果があります。

 

・湯畑ポイント③ 湯滝

 


湯畑のメインスポットはやはりこの迫力ある湯滝。
岩についている緑色の藻は「イデユコゴメ」と呼ばれるもので、強酸性の場所が好きな珍しい原始的藻類なのだそう。
ここでの記念撮影は欠かせません!

 

★三國家で本格蕎麦を堪能!

 


こちらは草津で最も有名な、挽きたて・打ち立て・茹でたての本格蕎麦が楽しめるお蕎麦屋さんです。


石臼で挽いたそば粉を使った三國そばはなんと2.5人前!友達とシェアして食べましょう♪
つけ汁は田舎汁・都汁・天種汁・もり汁の4種類から選ぶことができます。


三國一の特製天丼、「三國天丼」もおすすめ!

 

★「熱乃湯(あつのゆ)」の湯もみショーへ

 


こちらも草津といえば思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。
湯畑のそばにある「熱乃湯(あつのゆ)」では、草津節にあわせて湯もみのショーを見ることができます。
1日に6回の公演を行っており、600円で観覧、さらに250円で湯もみ体験ができます。

草津良いとこ 来たのは2度目#草津温泉 #熱の湯 #ザスパクサツ群馬

Yuji Yoshinoさん(@rintaro3298)がシェアした投稿 –


「ゆもみくんショー」にも注目!草津温泉の様々な場所で働きながらプロサッカー選手を目指す、ザスパ草津チャレンジャーズの選手達による湯もみショーです。
これを見るためだけに駆け付ける人たちもいるのだとか!

 

★西の河原通りで食べ歩き

 

湯畑から徒歩3分のところにある「西の河原通り」は、両脇にお土産屋・饅頭屋・お食事処などが勢揃いのメインストリート。
この通りだけでお土産は十分に探すことができます。

~お土産候補①~ 「頼朝」の温泉卵

 

minさん(@min.cha)がシェアした投稿


こちらでは温泉卵のほか、甘酒なども買うことができます。

 

~お土産候補②~ 「松むら饅頭」のお饅頭

 


草津でも有名な「松むら饅頭」の茶まんじゅうは、冷めても柔らかい食感を味わえるのが特徴。お土産にも最適です♡

 

★片岡鶴太郎美術館

 


西の河原通りから10分ほど歩くと、みなさんもご存知の片岡鶴太郎さんの作品がたくさん展示されている、片岡鶴太郎美術館に到着します。


入館してすぐのところは吹き抜けになっておりかなりの解放感!
鶴岡さんの20年間の才能あふれる作品をたっぷりと味わうことができます。草津に行ったら必ず行くべし!
グッズに目を奪われているだけで軽く30分は過ぎてしまいますよ。

 

★夜に湯畑をもう一度

 

昼の湯畑もいいですが、湯畑は夜に観るほうが断然感動的!!
草津の夜は湯畑のライトアップを観に行きましょう。

 


日が落ちる時間になると灯りが灯され、浴衣を着て温泉街を歩く観光客でいっぱいになります。
23時くらいまでライトアップされているので、宴会や名湯を楽しんだ後にも訪れることができます♪

「冬は寒くてどこに出かけたらいいか悩む…」
そんな悩みも解決!冬の草津で寒さに負けない素敵なひとときを過ごしてみてください。