カルテット、大河ドラマと売れっ子に。大人の色気を放つ高橋一生がブレイク中!

現在放送中のTBSドラマ『カルテット』やNHKの新しい大河ドラマ『おんな城主 直虎』、過去にも『信長協奏曲』の浅井長政役など、近頃数々の作品で見かけるようになった高橋一生さん。

渋い声と、くしゃっとした笑顔から成る大人の色気がたまらない!と20~30代の女性から絶大な人気が寄せられています!
彼が一体どんな人なのか調べてみました。

 

★プロフィール

生年月日:生年月日:1980年12月9日(36歳)
身長:175cm
出身地:東京都
特技:スケートボード、バスケットボール、ギター、ブルースハープ
事務所:舞プロモーション

10歳のときから劇団に所属しており、芸歴はなんと26年!

2015年のドラマ『民王』で演じた秘書の役で好評を得て、
第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞した実力派俳優です。

 

★俳優を目指したきっかけは『耳をすませば』の声優経験

 

誰もがご存じの1995年のジブリ映画『耳をすませば』。
なんと高橋一生さん、この作品で主人公の雫(しずく)が淡い恋心を抱く「天沢聖司」の声を担当していたのだとか!

 


中学3年生のときにこの声優オーディションを受け見事合格し、これをきっかけに俳優活動を本格的にスタートしました。
なんと、耳をすませばの収録終了2週間後に声変わりをしたのだとか(笑)
ギリギリセーフだったようですが、声変わり前の高橋さんの声はとても貴重!気になる方は即チェックです!

 

★アクティブな性格 昔は引っ込み思案だった?

高橋さんは母親が18歳のときに生まれ、5人兄弟の長男として育ったそう。

昔は少しぽっちゃりしていましたね。
自身、次男と3男、4男と5男で異父兄弟だそうで、3男はロックバンド「never young beach」の安部勇磨さんです。
歳の離れた未成年の弟たちには家計簿をつけさせているということで、かなりしっかりしている方のように思われます。

子供の頃はとても大人しく引っ込み思案だったそうですが、現在はバイクや登山が趣味ということで、アクティブな一面も見られます。
親友の岡田准一さんとよく登山やドライブに行くのだとか。

 

★モテ要素がたくさん!

関係者の方は、「高橋さんは人の気持ちを察する能力に長けており、相手がしてほしいことにすぐ気づく。しかもそれが押しつけがましくなく自然」と述べています。

さらに、舞台『マーキュリー・ファー』の共演によって仲良くなったという瀬戸康史さんは、高橋さんのことを「やさしさの塊。お兄ちゃんみたいな存在」と話していたそう。

女心をくすぐる要素しかありません。
これはかなりモテるでしょうね!

 

 


2016年には8本の映画・ドラマに出演したという高橋一生さん。
2017年には
『おんな城主直虎』(NHK大河ドラマ)
『カルテット』(TBSドラマ)
『3月のライオン』(映画 第一部3月18日 第二部4月22日 公開予定)
などがすでに出演決定しています!

これからも色々な作品で見かけるようになるでしょうね。
これからの活躍が楽しみです!